かかりつけの診療所等を持つことは大事です

病気というのは、本当にいつやってくるのかわかりません。

私の場合も、何度か大きな病気をしたことがあります。

その時、少しおかしいなと思いながらも、日常生活を送ることができるので、そんなに重要視していませんでした。

ところが、急にその症状がやってくるのです。

その時には、かなり進行をしていたということもありました。

ひどくなってしまい、入院をしたこともあります。

そんな時、とても大事と思ったのは、かかりつけの病院等を持つことです。

すると、ちょっとしたことでも相談をすることができます。

そしてそれは、近所であることが大事です。

近所であると、直ぐにいくことができるからです。

私の場合は、近所に診療所があるので、そこをかかりつけのところとしています。

そして少しでもおかしいと思ったことがあれば、受診をするようになっています。

それからは、大きな病気をすることがなくなっています。

やっぱり、早期に受診をすることが大事ですね。

そのためにも、近所のかかりつけ医を持ちましょう。