投稿日:

みんなの協力のもと頑張った妻の乳癌闘病記

三年程くらい前に妻が乳癌になりました。胸にしこりができ少し違和感があったため1人で近くの市立病院へ行き診てもらい、即検査し結果もっと詳しく検査したほうがいいと言うことになり大学病院を紹介してもらい検査し結果ステージ3の乳癌でした。ちょうど子供の高校受験前ということなどもあり学校関係なども忙しく手術、抗がん剤治療、放射線治療、入院となり私が学校関係も行ったりしたので仕事も休んだり、早退したりしました。会社には話しなるべく休まないよう早退で済むように配慮してもらったり、妻が入院した時も洗濯物など会社で洗い帰りに病院へ届けたり夕飯を作るため少し早く帰宅させてもらったり協力してもらい助かりました。また夕飯のおかずなど義理の母親が近くに住んでいるため少し作って来てくれたりもしました。今まで妻に苦労かけたぶん、なるべく自分の力で出来る限りの事はしてあげようとおもいました。その前に安いものですが保険なども入っていたため病院では色々気にせず治療に頑張れたと思います。今現在、友人の奥様もガンの種類は違いますが手術、抗がん剤治療となっています。患者さん本人はもちろん、その家族も周りに話し少しでも協力してもらい頑張り過ぎないよう気をつけてください。