投稿日:

病気の時にSNSをのぞくのはNG

私はもう慣れてしまいましたが、病気でお腹が痛いときや嘔吐で思うように行動できない時など、してはいけないことはSNSを見ることです。横になって、痛みや苦しさが和らぐとスマホで時間を潰すことがあります。この時、SNS、特にリア友がいるアカウントを見るのはNG行為だと思っています。がん等のように治るとは限らない病気を抱えているならなおさらです。何故なら、皆うつツイートはせず、リア充している写真を載せるからです。心が弱っている時期にそれをしてしまうと、まるで世の中で自分だけが不幸というような気分になります。他人と比較するのはよくないと頭ではわかっていても、自分が病気のせいでしたくてもできないことがあると、悔しさ、羨ましさ、妬ましさ、色んな感情がわいてきます。それは健康な人が感じるそれとはもうひと周り複雑なものです。病気である自分を否定する気持ちが強くなってしまうので、他人が今どこで何をしているのかを知るのは得策とは言えません。調子が特に悪い時にする気の紛らわし方としてはマンガを読む方が適切です。