投稿日:

良い医師かどうかを判断するポイント

いい医師の定義は人によって違うかもしれませんが、ほとんどの場合、病気の状況を的確に判断し、完治もしくは改善してくださる人だと思います。
このような医師に出会うのには、運だと言う人もいます。また、ある程度、噂や評判でわかることもあります。ただ、同じ医師の噂でも、人によってその評価も違ってきますので、良い先生だと言う人もいれば、ダメだと言う人もいるでしょう。ある程度の評判を参考にしつつ、いかに自分に合った医師に巡り合えるかという運もあるのかもしれません。
ただこれだけは言えます。いつも待ち時間が長くて、診察が予定より大幅に遅れる医師は、しっかり患者の話を聞いてくれているということです。

 

医師の診察は、患者の話をしっかり聞くことが一番大切だと思います。患者の話の中には、病気回復へのヒントが隠されていることも少なくないですし、医師が病気のことをしっかり知ることができ、その後の治療もスムーズにいきやすくなるからです。
これまで様々な病院で、多くの医師の診察を受けてきましたが、1人1人の診察が長く、待ち時間が長い医師の治療は、満足のいくものばかりでした。こういった経験から、待ち時間の長さを良い医師かどうかの判断材料の1つとして考えることもあります。

PR|がんワクチンより副作用の少ない免疫療法|