投稿日:

健康診断から始まり病気だと発覚するまで

事の発端は以前勤務していた会社での健康診断から始まりました。私の勤務先では1年に1回健康診断が義務となっていたのですが、提携先がない為、自分自身で好きな医療機関にかかって良いということもあり、自宅近くの健康診断が安くなるべく検査結果を早く出してもらえるクリニックにかかることにしました。

 

以前にも利用したことがあったのですが、この日はたまたま女性医師の診察に入ることになり、首を診てもらったところ、「甲状腺持ってますか?」と聞かれ、私は「えっ?」と予期せぬ言葉に絶句しました。

 

今までそんな指摘をされたことがなく驚いたのですが、水が溜まっているだけという事もあると先生は仰っていたのですが念の為に一度専門医で診てもらったほうがいいと言われました。それから自分の勤務先の先生(整形外科)に診てもらい、血液検査では異常もなくエコーの検査でも水が溜まっているだけだと思うとのことでした。

 

個人的な事情で北海道の実家に帰省することになった私は実家近くの先生宛に紹介状を書いてもらい、甲状腺の専門医にかかったのですが血液検査とエコー検査をして、結果異常なしで終わりました。その後結婚や転職等で体調がすぐれないことがあり、旦那がインターネットで調べてくれた道内で有名な甲状腺の先生のところにかかってみたらどうかと言われ、それからすぐに電話で予約を取りました。

 

初診時に血液検査とエコー検査をしてもらった結果、私は橋本病だということが分かりました。もっと早くにこのクリニックを受診していたらと何度も思いました。総合病院でも診療する科によって善し悪しもあるかと思うので、専門医にかかる際にはあらかじめインターネットなどで先生と病院の口コミなどを参考にされた方が良いかと思います。