投稿日:

病院選びの重要性を知る体験

自分が交通事故で入院した時の話です。意識がない状態で運ばれたのは市の病院で、首の骨を折り頸髄損傷と診断されました。しかし、その病院の医師の方々は頸髄損傷の患者は初めて扱うということでした。ここからは長期入院でリハビリの日々です。医師の方々は色々と調べながら本当に親身になってリハビリをして下さり、とても良い病院であったと思います。

 

そんな中、たまたま外来で診察を受けに来た脊髄損傷の方が自分の話を聞いて会いに来て下さいました。その方との話の中で、自分の怪我の状態ならば今よりももっと動けるはずだという事、リハビリ専門の病院へ移った方が良いという事を聞きました。

その後、薦められたリハビリ専門の病院へ移ったところ、今までが嘘のように動けるようになり、色々な事ができるようになりました。

最初の病院は確かに悪い病院ではありません。しかし、知識があるのとないのでは結果が余りに違ってきます。がんの早期発見など病院選びは人生を変えてしまいます。よく考えて選びましょう。