投稿日:

寝る時に挟める枕は便利です

私はがんの放射線治療と手術の為入院している時に、とても辛いと思ったこととして、なんと言っても安静の姿勢を上げることができます。手術をした後に、安静で寝たままでいたことがありました。その時、一番つらかったですね。普段に寝ている姿が、横になった状態が多いのでそのまま上向きで寝るのは腰が痛かったのです。そんな時、横になれることは天国に登れるような、そんな嬉しさを感じることができました。手術をした多くの人は、そのことについて共感してくれると思います。

 

ところが、その時に自分の力で横になる事ができないのです。そしてその横になった状態を、キープすることがむつかしいのです。そんな時、足や背中に枕をおくととても楽になります。

 

入院をしている時に、その枕を家族に持ってきてもらいました。その時、3個ぐらいを足の間や背中や頭のところなどにおいてもらったのです。すると固定された状態で、とても楽でした。病院においていることもありますが、不足していることもあり自分で持参することをおすすめします。